きょうだい児の考える事

きょうだい児の色々を書いていきます。

家だとキレやすくなる

 

外に居るときは絶対に声を荒らげたり

他人の注目を集めるような事はしないけど

 

家に居るときは大分怒りっぽく

どうでもいいことでよくキレそうになる

キレることもある

 

外に居るときは静かで目立たないようにしているのは

 

昔障害者の家族と一緒に外出して

泣き出したり、騒ぎ出したりした時に

周りから冷めたような、蔑んだような哀れんだ目で見られた事への

トラウマなんだと思う。

 

家族と外出する時は、基本的にずっと気を張っていて

周りが家族を障害者だと気付かないかどうかだけが

ずっと心配だった

 

一刻も早く家に帰りたかった

 

この世に生きているのがうちの家族だけなら

気を張らずに生きていけるのにと思ってた

 

外で神経を使っている反動なのか

家だと感情的になりやすいと思う

 

物にあたってキレることも多かったし

家族にキレることも多かった

今はどっちも減ってはきたけど

 

それでもたまにキレてしまう

自分で感情を上手くコントロール出来ない

 

周りの人は家で感情的になっている僕の事なんか

想像も出来ないんだろうな

 

外面が良いというか

絶対的な心の壁があるというか

 

その心の壁をぶっ壊してくれる人が

現れないかと期待してるのに、深く関わろうとしない矛盾

直そうといけないと薄々感じているのに

 

買ってない宝くじの一等が当たることを期待しているような