きょうだい児の考える事

きょうだい児の色々を書いていきます。

客観的に自分を見られること

 

物凄く客観的に自分を見られること

たまにはポジティブな内容も書こう

 

きょうだい児の人は

自分を客観的に見ることが出来る人が多いと思う

 


自分や家族が、世間からどう見られているか
常に小さい時から考えてきたから

 

客観性を物凄く持てていると思う

良くも悪くも、それは自分の個性になると思う

 

個性があっても

自分でいい方向に生かそうとしなければ

自分の人生がプラスの方向に変わってはくれないので

 

最近は意識して

これも自分のいい個性だ と思い込むようにしています。

 

他人の感情に敏感で
相手が何を考えているか、何を求めているかを
すぐに察知できてしまう

 

だからこそ、空気が読めすぎるような

空気を読み過ぎたり他人の感情が見えすぎて

疲れるようなことがありませんか?

 

人に優しいと言われることも多いんじゃないかな

 

仲がいいはずの友達や知り合いと居ても

無意識に気を使ってしまうので

家に帰ると、とても疲れていたり

 

結局一人で家に居るときが一番安心できて

精神を落ち着けることが出来たり

それでもたまには友達に会いたくなったり(笑)

 

他人の感情が全く読めていない知り合いにイラついたり

平気で人を傷つける発言に引いてしまったりもありますが

 

そういう人達とは自然と関わらなくなっていくので

最近は基本的には穏やかに生きて行けてます。

 

今までの生き方だと

客観的に見えすぎてしまうから

他人の目を気にしすぎてしまい

 

常にビクビクしながら生きているようで

今思うと本当に辛かったし

なんであんなに怯えてたんだろう

 

そんなに気にしなくても

誰も自分の事なんてそんなに見てないって

頭では知ってても、完全に理解することが難しかった

 

人からの評価を気にしすぎたり

虚勢を張っても、自分は全部見ているから

結局後で虚しくなるぐらいなら

 

少しづつ、気を張らないで生きていけるように

考え方をポジティブ寄りに持っていくことが

長いようで近道になると思います。

 

あんまり明るい内容に見えないかもしれませんが

これでも結構人生がいい方向に向かうように

僕なりに考えた結果なので

許してください