きょうだい児の考える事

きょうだい児の色々を書いていきます。

意識して自尊心を保つ

きょうだい児の人は自分に対して

否定的な気持ちを持っている人がほとんどだと思います。

 

育った複雑な環境がそうさせるのは

ある程度仕方ないことだと思いますが

 

成人して、家族や地元から離れて

初めて自由に生きられることになったのに

 

自分は生きていていいのだろうか?

自分には生きる価値がない とか

人生を楽しめないという感情に囚われてしまっては

生きる事が、ただの拷問になってしまいます。

 

解決策として僕が試しているのが

意識して自尊心を昔より高いレベルに保っておくことです。

 

高すぎてもナルシストや、周りを見下すようになってしまうので

あまりいい印象の無い自尊心という言葉ですが

 

僕を含め、きょうだい児の人たちは

自尊心が普通の人に比べて無さすぎる

あるいは否定的な気持ちしかない人が多いと思います。

 

だから、ある程度ナルシストになってもいいんじゃないかと思います。

自分に自信を持つこと、生きることに自信を持つことは

絶対悪いことではありません。

 

自分を褒めたりすることが苦手な人は

自分を否定することを辞める事から始めてみるのがお勧めです。

 

自分に対して否定的な気持ちが出てきそうになったら

意識して思考することをやめてしまうことです。

 

なんでもいいから、何か別の事を考えます

最初は中々切り替えられませんが、すぐに慣れます。

 

自尊心を普通の人と同じレベルに保つことは

きょうだい児の人たちは意識しないと出来ないと思うので

 

少しづつでいいから

考え方を変えてみることをオススメします。

 

自分に合わなかったらやめればいいだけですし