きょうだい児の考える事

きょうだい児の色々を書いていきます。

眠れない夜の日記 下

 

僕の数少ない親友の1人に
生きる意味を1つ教えてくれた
きょうだい児のS君がいる。

 

S君は去年結婚して
可愛い健常者の子供がいる
(ここで健常者かどうかをいちいち気にする自分が嫌)

 

S君の事を簡単に紹介すると
きょうだい児(きょうだいは身体障害者)
中学時代に突然絡まれて気付いたら親友と呼べる唯一の存在になっていた。
中学時代に母親を亡くした、僕よりよっぽど苦労人だと思う。

 

そのS君も、昔は悩みが多くて
高校生の頃は2人で毎日のように遊んで
大学生になると毎日のように深夜ドライブにいって
帰りは明け方で、大学は当然サボる、単位は落とす。
典型的なクズの生活をしていた。
今思い出してもクズだけど、何故かとても楽しかった。

 

僕も彼も、大学に行く意味を見失って
結局、2人とも中退した。

 

中退してから彼はすぐに元々興味があった車関係に就職した。

結局今でも車関係で働いているから
辞めてよかったんだと思う。

 

そこで今の奥さんと出会い
付き合って、結婚した。

 

すぐに子供が出来たと知らせが来て
僕は心から凄いなと思っていた。

 

それは、結婚したこともすごいと思っていたし
子供を作るという選択をした事もすごいと思っていた。
自分には出来ないと思っていたことだったからだ

 

奥さんが妊娠中に、1度実家に帰っていた時
S君の家で久しぶりに一緒に酒を飲んだ。
(結婚してからは家庭優先するように僕が頼んだのもあって、会う機会は年に数回に減ってた。)

 

その時の会話がこんな感じ
僕「子供の障害とか怖くね?」
S君「怖いけど、産まれてみないとわかんないっしょ」
僕「そりゃそうだけど」
S君「まぁ、障害者でもなんとかなるっしょ!」

 

酔っ払って明るく言ったせいもあるけど
僕は心から嬉しかった。
僕は彼のこういう所を尊敬していて大好きなんだと再確認した。

(あくまで親友としてね)

 

彼と出会った当初
自分がきょうだい児であることを隠そうともせず
あっけらかんと僕に言ってきたときの衝撃のように

 

事実を受け止めて
当たり前に家族として堂々と愛している彼が
僕には尊敬してもしきれないほど眩しく見えた。

 

子供が産まれる前に
家族全員健常者の人が障害者でも育てるというのと
きょうだい児が障害者でも育てるというのは

 

背景にある覚悟が全く違う
その覚悟を損得勘定ではなく、純粋な愛情で決められるのが本当にかっこいいと思う。

 

話がめっちゃ長くなったけど


また最近彼の家に遊びにいって
生まれた子供と奥さんが寝てる時に話してくれたことが
人間が生きる意味の本質のような気がして、とても良かった

 

彼も昔は眠る前にずっと悩んでいたけど
家族が出来て、子供が出来てからはそれがなくなった。

それは単純に忙しくなったのもあるけれど


やはり子供という存在が一番大きかったらしい


産まれたばかりの子供は本当に小さく無力で

この子は自分がいなければ死んでしまう
自分が守らなければ、という意識が芽生えて

悩むことがなくなったといっていた。

 

自分が生まれた意味、生きる意味、死ぬ意味
その全ての答えが、生まれてきたこの子だった。
そう思えたと言っていた。

 

それが安心感になって
悩みから解放された。

 

だから余計家族に優しくなれる
幸せのスパイラルのような
聞いている僕まで幸せに巻き込むパワー、説得力がある話だった。

 

僕は人生をずっと難しく考えすぎているけど
いろんな考えがあって、悩みがあっても
本質的な答えはどんな時代でもブレなくて

 

結局、人は愛する人がいてその人との間に愛する子供が出来れば
それだけで充分すぎるほど生きる意味になるんじゃないかな

 

だから無理に女性と付き合わないとか
俺は結婚なんてしないって決めつけて、無駄に毎日気を張っている自分が
なんかすごくめんどくさい生き方してると思えた。

 

結婚したいと思えるほどの素晴らしい女性がいたなら
別にもう無理しなくてもいいんじゃないかな?


もう充分気を張りすぎてきたから
少し自分の欲望に正直になることも考えてみようかなと思いました。

まぁほどほどにだけどね

 

こういう価値観を教えてくれる友人は一生大事にしようと思う。